AGAは必ず遺伝するものなの?

よく、薄毛は隔世遺伝すると言われています。
つまり、祖父が薄毛の場合、自分もその性質を引き継ぐ事が多いという事です。

ただ、実際にはAGAの場合、100%遺伝してしまうという事は有りません。

実際にAGAの原因となる要因としては遺伝だけでなく、男性ホルモンのバランスや食事の内容と栄養状態、日常的に感じているストレス、睡眠不足等が関係しており、決して一つの原因だけで発症するとは限りません。

だから自分の親や親戚にもし薄毛の人が多くいたとしても、必ずしも自分にもその性質が引き継がれているとは限らず、自分自身は全くその性質が表に出て来ない事もあります。

もちろんもし自分の体質が薄毛になりやすいという場合であっても、早い段階から対策を行っておけば薄毛や抜け毛になってしまう事を少なくし、さらに進行を抑える事も可能です。

従って、遺伝と言うのは確かにAGAの要因の一つとして考える事は出来ますが、絶対に関係しているとは言えないという事です。

ただ反対に祖父も親も皆髪の毛がふさふさして薄毛の悩みを一切抱えていなかったとしても、自分だけはAGAで悩む事になる可能性もあります。

あくまでも異伝と言うのは要員の一つに過ぎず、他の事がきっかけとなって薄毛になって行く事もあると理解しておきましょう。

ただ、遺伝しやすさと言うのは研究によっても明らかになっています。

AGAの場合、確かに隔世遺伝する可能性がありますが、その場合、性質を引き継ぎやすいのは母方の祖父の性質です。

だから、父方祖父が薄毛で母方祖父がふさふさした毛の場合は薄毛になりにくい傾向にあり、反対に母方祖父が薄毛の場合、父方祖父の頭髪の状態がどうであったとしても薄毛になる可能性が出てきます。

しかし遺伝的な要因が予め分かっている場合は、その要因を出来る限り除去する事は可能です。

まずは規則正しい生活をし、栄養バランスの整った食生活を送る、頭皮の血行を良くする等の対策を早い段階で行っておけば、もし親族に薄毛の人が多かったとしても薄毛になりにくい頭皮の環境を作って行く事は決して不可能ではありません。

また、たとえAGAの症状が現れたとしても現在ではとても効果の高い治療薬が開発されていて、専門の医療機関やネット通販を通じて購入することができます。

フィナロイドやミノキシジルタブレットなどの医薬品を使い多くの方が症状の改善を実感されているので、選択肢のひとつとしてみてはいかがでしょうか。

投稿日: