AGAの進行と喫煙の関連について

ストレス解消や楽しみのためにタバコを吸う習慣がある方は少なくないでしょう。

実は、その習慣がAGAの進行を早めてしまう可能性があることが判明してきています。
昔から、喫煙が薄毛の原因となりやすいことは指摘されていました。

タバコを吸うと、身体がニコチンや一酸化炭素の影響を受けることになります。

ニコチンは毛細血管を収縮させて血液の流れを妨げますし、一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと結びつくことで赤血球が運べる酸素の量を減らしてしまうと言われています。

血液は、食べ物などから得た栄養や酸素を、頭皮を含めた身体の隅々まで運搬する働きを担っている重要なものです。

ですから、その血液の流れが悪くなる上に、運べる酸素の量が少なくなるということは、必要な栄養や酸素が頭皮に届きにくくなるということを意味します。

結果として、栄養や酸素不足に陥った頭皮は元気をなくしてしまい、髪も弱って抜けやすくなると考えられていたのです。

近年の研究では、こうした間接的な影響以外にも、もっと直接的な影響がある可能性も指摘されています。

それは、喫煙によって女性ホルモンが作られにくくなることで、ジヒドロテストステロンの増加に繋がるという可能性です。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種であり、この男性ホルモンがAGAの主たる原因と考えられています。

つまり、ジヒドロテストステロンの増加は、AGAの悪化に繋がると考えられるのです。

AGA治療薬であるフィナロイドはこのジヒドロテストステロンの増加を抑えることでAGAの進行を抑えます。

ですから、抜け毛や薄毛に悩んでいる方は、まず禁煙をすることをおすすめします。

とは言っても、これまでタバコをたくさん吸うことを楽しんできた方が、いきなり全くタバコを吸わない生活を送るのは難しいと感じるものでしょう。

そういった方は、タバコを吸う本数を減らすことを目指してみてはいかがでしょうか。
具体的には、1日に吸うタバコの本数は220本未満に抑えることをまずは目指すと良いでしょう。

喫煙がジヒドロテストステロンの増加に繋がる可能性があるとしている研究では、1日に20本以上タバコを吸う人とそれ未満しか吸わない人が比較されているので、1つの目安となると考えられるからです。

投稿日: