フィナロイドとミノタブの使用はできるだけお早めに!

AGAは進行性の脱毛症なので、抜け毛が始まってからも特に対策することなく放置していると徐々に症状が進行してしまうのが大きな特徴となっています。

そのため、抜け毛を改善して髪の毛をいつまでもキープするためには早めの対策が必要となってきます。

では、どのようなパターンで進行していくのか、具体的に見ていきましょう。

まず、第一段階として抜け毛が少しずつ増えてきます。

朝起きると枕の周辺に何本も髪の毛が抜けているのが発見できたり、シャンプーの時に指に絡まる抜け毛が増えることでも実感できます。

また、AGAでは髪の毛が抜ける場所が額の生え際や頭頂部であることも大きな特徴になります。

薄毛にもいろいろなタイプがあり、全体的に薄くなるタイプのものや、抜け毛ではなく髪の毛の太さが細くなることでハリやコシがなくなるタイプのものもありますが、AGAではほとんどの場合が上記のように額の生え際や頭頂部から髪の毛が抜け始めます。

第二段階になると抜け毛の本数が数十本から数百本のレベルになり、額の生え際が2~3センチ後退したり、頭頂部がO型に薄くなったりして、他人からもハゲが目立つようになってきます。

この段階になると髪の毛の成長サイクルに明らかに狂いが生じており、今まで生えていた髪の毛が成長を止めて抜け落ちてしまうのと同時に、新しい髪の毛の作られる本数も減ってしまっています。

さらに症状が進んで第三段階に突入すると前頭部と頭頂部の薄毛がどんどんと広がっていって、側頭部だけに髪の毛が残っているような状態になってしまいます。

この状態になると産毛もほとんどなくなってしまうので、治療しても髪の毛が増えてきにくくなっています。

つまり、フィナロイドやミノタブによる治療もAGAの初期段階に行ったほうが効果が高いということです。

このように、AGAによる薄毛には進行パターンがあるので、抜け毛が増えてきたと感じたら素早く対策を施すことが何よりも重要になります。

自分がAGAかどうか判断することが難しいという場合には専門のクリニックを受診して検査を受けることで自分の状態をいち早く把握することが可能になります。

投稿日:

AGAのきっかけは人それぞれで違う?

AGAは成人男性に多くみられる薄毛の事です。

原因としては男性ホルモンの影響と言う事が良く知られていますが、その症状のきかっけとなる事は人によっても違います。

例えば、睡眠不足やストレス、疲労等も影響してしまう事があります。

人間の体はとてもデリケートに出来ており、少しの刺激によって思わぬ変化が出てしまう事があります。

睡眠不足の場合も、ただ寝ている時間が足りないという訳ではありません。

疲労が蓄積されてしまったり、脳の疲れが取れていない状態になったり、自律神経に影響を及ぼしてしまう事もあります。

ストレスは現代社会において切っても切り離せない存在となっていますが、様々な病気や症状を引き起こしてしまう原因となる場合があります。

AGAも例外ではありません。

男性の髪の毛が薄くなる、と言う症状は同じである為に全てAGAと一括りにされてしまいがちですが、そのきっかけとなる事は人によっても違います。

だから同じ生活をしていたとしても薄毛で悩まされる人もいればそうではない人もいます。

兄弟でも同様で、同じ親から生まれていても薄毛になる人もいればならない人もいるのです。

ただ、AGA自体は予防したり改善したりする事が出来ないものではありません。

まずそのきっかけとなる物には何があるかを知る事から始めれば、予防の第一歩と言う事になります。

きかっけとなり得る物を出来るだけ排除する様にすれば、それだけ薄毛になりにくくなると言っても過言ではありません。

また頭髪は一気に抜け落ちて行ってしまう物でも有りません。

徐々に薄くなって行く物なので、薄毛が気になりだしたらもしかしたらAGAかもしれないと思う事も出来ます。

その場合、何がきっかけになり得るかと言う事を知っていれば、それを排除する生活を送ったりする事も可能です。

もちろん育毛剤やサプリメント、生活内容の見直し等もすれば決して止める事が出来ないわけではなく、その状態を少しずつ改善して行く事も十分可能となっています。

また、現在ではフィナロイドやミノタブなどの医薬品を使用してAGAを改善することもできます。

ネットを使って処方箋がなくても購入できるので病院に行きたくない、行く暇がないという場合でも自己責任にはなりますが、問題なく購入することができるでしょう。

投稿日:

フィナロイドとミノタブの効果を高める栄養素は?

薄毛が気になりはじめると、まず初めに育毛剤を購入したり、クリニックへ行きカウンセリングを受けるといった対策を考える人が多いと思います。

ですが、AGAの改善で大切なのは生活習慣を見直したり、バランスの良い食生活を心がけることなんです。

その理由は、AGAの原因として長年の生活習慣や食生活の乱れが関係していると言われてるからです。

髪の毛を構成する栄養素や頭皮環境を整える栄養素をしっかり補うことで、薄毛の予防や改善に効果が期待できるのです。

髪の毛や頭皮に良い成分として挙げられるのはたんぱく質とミネラル、亜鉛やビタミンB群、イソフラボンです。

髪の毛の90パーセントはたんぱく質で出来ており、そのたんぱく質はケラチンと呼ばれるもので、ケラチンはさらに20種類のアミノ酸から構成されています。

アミノ酸のなかの9種類は必須アミノ酸と呼ばれるもので、必須アミノ酸は食べ物からでしか摂取することが出来ません。

髪の毛を作るには、たんぱく質を含む食べ物を積極的に摂取する必要があります。

ミネラルはケラチンの合成を補助する働きを持っており、髪に潤いを与える栄養素でもあります。

ミネラルの中でも亜鉛はケラチンの合成をする大事な働きを持っています。

亜鉛が不足してしまうとケラチンを合成できなくなり、新しい髪の毛を生成することができなくなってしまいます。

また、亜鉛には過度な抜け毛を防止してくれる効果があります。

ビタミンB群は皮脂の過剰分泌を抑え新陳代謝を促進させる働きや、たんぱく質の吸収を助け、ケラチンの合成を促進する働きも持っています。

AGAの原因の一つとして、頭皮の血行不良が挙げられますが、ビタミンE群は血管を広げ血流を良くするので予防や改善に役立ちます。

イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをしますが、この成分がAGAの原因である男性ホルモンの生成を助ける、5-αリダクターゼという酵素を抑制する働きがあります。

これらの栄養素を意識し、バランスよく摂取することで、AGAの予防や改善が期待できますし、フィナロイドやミノタブを使用している場合はその効果を高めてくれるでしょう。

投稿日:

AGAは必ず遺伝するものなの?

よく、薄毛は隔世遺伝すると言われています。
つまり、祖父が薄毛の場合、自分もその性質を引き継ぐ事が多いという事です。

ただ、実際にはAGAの場合、100%遺伝してしまうという事は有りません。

実際にAGAの原因となる要因としては遺伝だけでなく、男性ホルモンのバランスや食事の内容と栄養状態、日常的に感じているストレス、睡眠不足等が関係しており、決して一つの原因だけで発症するとは限りません。

だから自分の親や親戚にもし薄毛の人が多くいたとしても、必ずしも自分にもその性質が引き継がれているとは限らず、自分自身は全くその性質が表に出て来ない事もあります。

もちろんもし自分の体質が薄毛になりやすいという場合であっても、早い段階から対策を行っておけば薄毛や抜け毛になってしまう事を少なくし、さらに進行を抑える事も可能です。

従って、遺伝と言うのは確かにAGAの要因の一つとして考える事は出来ますが、絶対に関係しているとは言えないという事です。

ただ反対に祖父も親も皆髪の毛がふさふさして薄毛の悩みを一切抱えていなかったとしても、自分だけはAGAで悩む事になる可能性もあります。

あくまでも異伝と言うのは要員の一つに過ぎず、他の事がきっかけとなって薄毛になって行く事もあると理解しておきましょう。

ただ、遺伝しやすさと言うのは研究によっても明らかになっています。

AGAの場合、確かに隔世遺伝する可能性がありますが、その場合、性質を引き継ぎやすいのは母方の祖父の性質です。

だから、父方祖父が薄毛で母方祖父がふさふさした毛の場合は薄毛になりにくい傾向にあり、反対に母方祖父が薄毛の場合、父方祖父の頭髪の状態がどうであったとしても薄毛になる可能性が出てきます。

しかし遺伝的な要因が予め分かっている場合は、その要因を出来る限り除去する事は可能です。

まずは規則正しい生活をし、栄養バランスの整った食生活を送る、頭皮の血行を良くする等の対策を早い段階で行っておけば、もし親族に薄毛の人が多かったとしても薄毛になりにくい頭皮の環境を作って行く事は決して不可能ではありません。

また、たとえAGAの症状が現れたとしても現在ではとても効果の高い治療薬が開発されていて、専門の医療機関やネット通販を通じて購入することができます。

フィナロイドやミノキシジルタブレットなどの医薬品を使い多くの方が症状の改善を実感されているので、選択肢のひとつとしてみてはいかがでしょうか。

投稿日:

大学生の私がフィナロイドとミノタブを取り入れた結果

私は現在20代前半の大学生です。

年齢が若ければ薄毛になる事はまず無いと思っていましたが、数年前から髪の毛が多く抜けるようになり、それからは頭頂部が透けて見えるようになりました。

まさかこの年で薄毛に悩まされるとは思わなかったですし、髪がフサフサな周りの同級生を見ると羨ましかったですね。

何故こんなに自分は禿げ上がってしまったのだろうとつい思ってしまいました。

薄毛になってしまうとそれが自分の大きな悩みになりましたし、薄毛をコンプレックスに感じるようになってからは毎日が楽しくありません。

大学生なら友達と遊んだり、恋愛を楽しみたいものですが、薄毛になってしまえば楽しもうという気持ちにすらならないのです。

ただ、若いうちにこんなに悩むのは嫌だったので、今からでも出来るAGA対策を頑張ろうと思いました。

私が実践したのは頭皮や髪に悪いものは全てやらない事であり、以前は毎日のように整髪料を使ったり、髪を染めていたのですが、これらを全てやらないようにしたのです。

どうやらカラーリングや毎日のように整髪料を使用すると頭皮にダメージを与えてしまうので、これからは気を付けようと思いました。

そして生活が原因でAGAになる事も考えられるそうなので、偏った生活習慣を過ごさないようにしたのです。

基本的には髪を成長させる上で大切な栄養を積極的に取り入れていましたし、大量にお酒を飲むのを止めました。

大量にお酒を飲むのは薄毛の原因の一つらしいので、絶対に髪を生やしたいと思った私は大好きなお酒でも止められました。

最初はお酒を断ち切るのがキツかったですが、徐々に体が軽くなったように感じてくると、何だか禁酒を続けるのが楽しくなったのです。

それからネットで調べて気になったフィナロイドとミノタブという医薬品を飲むことにしました。

このフィナロイドとミノタブは、絶大の効果を発揮するだけでなく値段もリーズナブルな上、一日一錠ずつ飲むだけなのでとても継続しやすいです。

育毛剤のように髪の毛がべたつくこともないのでとても気に入っています。

私が行っているAGA対策は非常に簡単なものであり、すぐにでも実践出来る対策です。

現在はAGA対策のおかげで髪の調子が良いですし、もし若い方で頭髪の薄さに悩んでいるなら、これらの対策を実践してみてください。

AGA対策は健康対策でもあるので、生活習慣やカラダに悪いことを一つずつやめていくだけでもしっかりと効果を実感できると感じています。

投稿日:

AGAは生活習慣の改善とフィナロイド

長年の間、私は抜け毛の多さに悩まされ続けました。

なぜこんなに抜け毛が多いのか調べてみると、どうやら自分はAGAに当てはまっているらしく、AGAが原因で薄毛が多くなったようです。

ちなみに男性特有の症状であるAGAは遺伝も原因なので、父親の頭髪が薄ければ子供も薄毛になってしまうようです。

それからは育毛剤を使って薄毛対策を始めてみると抜け毛が減ったという効果がありましたが、以前のようにボリュームのある髪を手に入れるのは時間がかかりそうだと思いました。

育毛剤を使用する事も重要ですが、それだけでなく生活習慣によってAGAになる可能性も高まるそうです。

ちなみに私の仕事は夜勤であり、寝る時間はバラバラで食事は簡単に済ませる事が多かったので、正しい生活習慣とは言えませんでした。

もちろん煙草も健康に悪影響とは知っていましたが、それでも煙草を好んで吸っていましたし、こんな生活を続けていけば抜け毛が多くなるのも仕方が無いかもしれません。

鏡で頭頂部を見てみるとかなりハゲている状態だと分かり、これ以上薄毛になりたくなかった私は本格的に生活習慣を改善しようと思ったのです。

まずは栄養が豊富な食事を食べたり、また睡眠時間はしっかり確保するように心がけるだけでなく、大好きな煙草をやめました。

私の生活習慣はガラリと変わったのですが、こんな生活を続けると父親が私に対して健康的になったと言ってきたのです。

どうやら私の変化に父親は気付いたようですが、この時はまだフサフサでは無くても、毎日の洗髪で抜け毛がかなり少なくなったと思うようになりました。

現在はフィナロイドとミノタブを取り入れて、医薬品と生活習慣の見直しによってかなり薄毛が改善されてきました。

今思えば乱れた生活習慣を過ごしていたことに反省していますし、これからは健康や髪の事を考えてフィナロイドやミノタブと一緒に、しっかりと規則正しい生活を過ごしたいと思っています。

投稿日:

AGA対策で髪に良いシャンプーを使い始めました

浴室で洗髪をしていると、多くの抜け毛を確認しました。
この頃から頭皮が脂まみれになっていましたし、触ってみるとかなりベタついていた気持ち悪いと感じていたのです。

頭皮の脂を洗い流そうと毎日シャンプーをしていましたが、それでも次の日になれば頭皮全体が脂っぽくなっていましたし、髪も薄くなってしまいました。

どうやら頭髪が薄くなってしまうのは男性特有のAGAという症状らしく、なぜ自分がAGAになってしまったのかと悲しくなってしまいました。

同年代の同僚を見てみると薄毛の人は一人もいないですし、髪がフサフサなだけで若く見られますが、こんなに落ち込んでも新しい髪が生えて薄毛が改善するわけではないので落ち込まないようにしました。

ストレスを感じると余計薄毛が進行するのでストレスを極力感じないようにしてみたり、この頃から前向きにAGA対策をスタートしようと思ったのです。

AGA対策をスタートするにあたって、毎日使用しているシャンプーを変えようと思ったのですが、シャンプーについて調べてみるとどうやら刺激が弱いシャンプーがあるらしいので、このシャンプーを使ってみようと思いました。

ちなみに強い刺激のシャンプーは髪の毛や頭皮についた脂をしっかり洗い流しますが、そうすると頭皮全体に負担をかけてしまって、結局は薄毛に繋がるそうなので気を付けなければなりません。

私は低刺激のシャンプーを探していた時にノンシリコンの育毛シャンプーを発見したのですが、ノンシリコンの育毛シャンプーは高評価だったので購入してみました。

私が購入したシャンプーは着色料や人工香料が入っていませんし、このような低刺激のシャンプーならとても優しいと思いました。

使ってみるとマイルドで使いやすかったですし、現在は頭皮のべたつきがあまり無くなったように感じました。

育毛シャンプーのみの使用だけでもそれなりに発毛効果を期待することができるらしいのですが、これからはもっと積極的なAGA対策としてフィナロイドやミノタブといった医薬品も使っていきたいと思います。

投稿日:

AGAの進行と喫煙の関連について

ストレス解消や楽しみのためにタバコを吸う習慣がある方は少なくないでしょう。

実は、その習慣がAGAの進行を早めてしまう可能性があることが判明してきています。
昔から、喫煙が薄毛の原因となりやすいことは指摘されていました。

タバコを吸うと、身体がニコチンや一酸化炭素の影響を受けることになります。

ニコチンは毛細血管を収縮させて血液の流れを妨げますし、一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと結びつくことで赤血球が運べる酸素の量を減らしてしまうと言われています。

血液は、食べ物などから得た栄養や酸素を、頭皮を含めた身体の隅々まで運搬する働きを担っている重要なものです。

ですから、その血液の流れが悪くなる上に、運べる酸素の量が少なくなるということは、必要な栄養や酸素が頭皮に届きにくくなるということを意味します。

結果として、栄養や酸素不足に陥った頭皮は元気をなくしてしまい、髪も弱って抜けやすくなると考えられていたのです。

近年の研究では、こうした間接的な影響以外にも、もっと直接的な影響がある可能性も指摘されています。

それは、喫煙によって女性ホルモンが作られにくくなることで、ジヒドロテストステロンの増加に繋がるという可能性です。

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種であり、この男性ホルモンがAGAの主たる原因と考えられています。

つまり、ジヒドロテストステロンの増加は、AGAの悪化に繋がると考えられるのです。

AGA治療薬であるフィナロイドはこのジヒドロテストステロンの増加を抑えることでAGAの進行を抑えます。

ですから、抜け毛や薄毛に悩んでいる方は、まず禁煙をすることをおすすめします。

とは言っても、これまでタバコをたくさん吸うことを楽しんできた方が、いきなり全くタバコを吸わない生活を送るのは難しいと感じるものでしょう。

そういった方は、タバコを吸う本数を減らすことを目指してみてはいかがでしょうか。
具体的には、1日に吸うタバコの本数は220本未満に抑えることをまずは目指すと良いでしょう。

喫煙がジヒドロテストステロンの増加に繋がる可能性があるとしている研究では、1日に20本以上タバコを吸う人とそれ未満しか吸わない人が比較されているので、1つの目安となると考えられるからです。

投稿日:

AGAにかなり悩んでいた私がフィナロイドとミノタブを使った結果

私は30代の男性ですが、以前はAGAの症状に悩まされた事がありました。

私は20代半ばぐらいからAGAの症状が現れ始め、徐々に髪が薄くなったと感じるようになったのです。

薄毛をカバーする為にスプレーやワックスを使って何とかセットしていましたが、髪の量が少なくなってくるとセットが大変になってしまいます。

この時はあまり薄毛について深刻に悩んでいなかったのですが、この頃から薄毛が進行して髪が弱っているのだと思いましたし、徐々に自分の髪に違和感を覚えてきました。

ちなみに学生時代の私は異性にモテていたのでそれなりに自信があったのですが、頭髪が薄くなってくると自信が徐々に失われてきましたし、昔のように積極的に異性に声をかけられなくなってしまって全くモテなくなりました。

他人から見ても薄毛だと思うようなレベルでしたし、髪を失うだけで自信も失ってしまったのです。

自信を失えば驚くぐらいに性格が変わりますし、気になった異性がいても薄毛だと思われたくなかったので、何とか薄毛を誤魔化していました。

髪の毛が薄かった頃は彼女を全く作れなかったですし、このままこんなに自信を失っている状態は嫌だと思っていたので、昔の自分に戻るためにAGAを克服する事にしました。

それからは整髪料の使用をやめて、育毛シャンプーを買ってみたのですが、育毛シャンプーを使うときは頭皮にダメージを与えないように専用ブラシを使って優しく洗髪をしました。

育毛シャンプーを使って頭皮を丁寧に洗うだけで発毛するのか半信半疑でしたので、それに加えて友人から勧められたフィナロイドとミノタブいう医薬品も飲んでみることにしました。

このような生活を続けて3ヶ月ぐらい経った時には髪の薄毛が若干改善したように思いました。

髪の薄さが若干改善するだけでもコンプレックスが少し無くなりましたし、前よりかは自信を持てるようになりました。

AGAを発症する事は自分にとってマイナスポイントだと思いますが、育毛シャンプーや医薬品を使って正しく治療をすれば、AGAの悩みを解消出来ると思いますね。

投稿日: